バタフライハグでストレスをなくそう【トラウマの解消に役立つ方法】

サイトメニュー

トラウマを癒せます

男性

利用しやすい方法です

バタフライハグとは両腕を交差する形にして自分を抱く形にするやり方で、肩から胸の上部にかけての部分に手を置いて目を閉じた上でトントンという感じでたたきます。これは簡単で1人でもできますし、幼児でも高齢者でもやりやすい方法と言えますが、その効果としては心の傷やトラウマを癒すということが期待できます。そしてそのことに関しては、メンタル医療の研究において実際に確認されており、病院などでもバタフライハグを勧めるところがたくさんあるようです。この方法は、まずメキシコでハリケーンがあったときにトラウマを癒せるようにということで行われて効果を出すことができました。さらに、その後にメキシコで大地震が起こった際もバタフライハグによってトラウマを生じにくくすることになったので、その後色々なところで利用されるようになったのです。また、トラウマによってPTSD(心的外傷後ストレス障害)が生じたときには治療が必要になりますが、そこまでいかない場合にはこれだけでもかなりの効果が期待できます。例えば仕事や受験、そして人間関係などでの心の傷はバタフライハグによって癒やされる可能性が考えられるので、この方法を知っておくとプラスになるでしょう。ストレスは色々なタイプの人に生じやすいものですが、これが起こった場合はうつ病を引き起こす可能性があることが知られているので注意が必要です。さらに大きなストレスはもちろんですが、日常生活でのささいなストレスであってもそれが続くような場合は心に悪影響が出ることが考えられます。このようなストレスの影響としては抑うつ気分や不安、また倦怠感などが生じる他、生活面での辛さが出てきてしまい、仕事や勉強などがやりにくくなることがあります。なお、ストレスが続くようだと右脳が暴走してネガティブな感情になりやすくなってくるのですが、これを抑制するのがポジティブな思考を持つようにする左脳の働きです。そしてバタフライハグを利用した場合は、このような右脳の暴走を防いでさらに左脳の働きを改善することが可能とされているので、心の健康に役立つようになるはずです。ですから、ささいなストレスだと思えることであっても、ストレスがある場合にはその度にバタフライハグを利用してみると効果が期待できるでしょう。さらにストレスを解消させるような趣味や人間関係などを考えてみたりして、それでもどうしたら良いか分からないようなときには病院で医師に相談することをお勧めします。

Copyright© 2018 バタフライハグでストレスをなくそう【トラウマの解消に役立つ方法】 All Rights Reserved.