大切な教材内容の確認

勉強今では数多くの公認会計士講座が開校されており、各々が独自のカリキュラムと受講のメリットをうたい、多くの合格者を輩出しています。色々と関連資料を集めて比較検討する中、果たしてどの講座が自身にベストなのか、自身の仕事や生活サイクルとの兼ね合いや予算面など、それぞれが譲れない優先順位い基づき、最終候補を絞りこむことでしょう

ここで必ず着目いただきたいのが、具体的な指導内容と用いられる教材の確認です。限られた受講者募集資料だけでは見極めが難しい部分も多々見られますが、信頼できる関連情報を収集し、確実に確認されることをおすすめします。

中でも特に注目いただきたいのが、教材に掲載されている内容です。世の中は常に変化を見せており、過去の問題では正解とされる専門知識が、関連する規約などの改定により現在では間違いとなるケースが存在します。古い時代に即したテキストの内容をそのまま記憶してしまえば、誤った知識の修得に繋がってしまいます。公認会計士に限らず、古い参考書や問題集を用いた学習も同様です。とりわけ通信講座の活用に際しては、教材が常に時代に適しているのか、古い情報や問題をそのまま繰り返し転用していないかなどを、多角的な視点から確認してください。