重要な公認会計士講座の教材

講座数多くの国家試験合格を目指す方々にとって試験対策講座は心強い存在であり、これらを活用して念願の試験に合格し、それぞれの分野の専門職で多くの方々が活躍されています。こうしたニーズの高さに応えるべく、それぞれのジャンルには数多くの講座が存在し、通学スタイルから通信講座まで多数の選択肢が選択できます。これは受験する側からすれば非常に好ましい環境と言えますが、一方で全ての方々にとって、平等にそのメリットが実感できる訳ではありません

例えば、通学での講座を希望するも、自身の行動範囲内で開講されていない場合、必然的に通信講座の中での選択が求められます。また、仕事と試験勉強の両立となれば、開講時間と自身のスケジュールが合わせられなければ、近隣の講座であっても参加はかないません。多くの社会人の方々が、通信講座を選択して活用される理由が、こうした部分と密接に関係しています。

そして次に重要となるのが、より確実に合格に導いてくれる講座、すなわち指導内容の優劣の見極めです。費用面など現実的な問題も見過ごせませんが、安価というメリットと利用者の合格率が仮に反比例していたとします。そうなると、果たしてどちらに真のメリットとデメリットを見出すべきなのか、正しい判断が欠かせません。ここで着目すべきポイントが、教材のチェックという重要な作業です。直近の試験の出題傾向とズレている、あるいは掲載されている資料が古いままなどの場合、誤った方向に時間と労力を費やす事に繋がってしまいます。

ここでは、公認会計士講座の選択に際し、意外と多くの方々が見過ごしがちな教材に焦点を合わせ、確認いただきたい内容を紹介します。