鮮度が求められる理由

勉強資格講座受講に際しては、用いられる教材のみならず指導内容にも鮮度にも着目していきましょう。大学や高校入試、さらには他の各種資格試験にも共通することですが、いわゆる出題傾向に即した対策を講じる意味で、指導内容と予想される出題傾向とのマッチングが重要になります

基礎的な知識をベースに、関連するより深い専門知識を記憶する作業プラス、問題を解く力や答える力が求められるのが資格試験となります。豊富な知識をインプットし続けていたとしても、限られた試験時間内に迅速的確にアウトプットできなければ、知っている問いに対し確実に得点を重ねることができなくなってしまいます。一方的に届けられる講義内容を、ただ受け身一辺倒で聴講し続けるだけでは、相応のお金を負担する意味にも疑問が生じます。

資格試験は合格しなければ意味がありません。資格試験の突破なくして、公認会計士として歩み出すことは許されないからです。もちろん、国家試験である以上、小手先の得点アップのテクニックだけでは無力ですが、試験会場ではこれも不可欠になってきます。受講を予定している試験当日の出題傾向に、よりフィットする講義内容の鮮度が大切な理由がここに存在しています。

≪参照リンク≫公認会計士講座コース – 資格の大原