バタフライハグでストレスをなくそう【トラウマの解消に役立つ方法】

サイトメニュー

心のためになる方法です

悩む男性

行いやすい治療法です

トラウマとは心的外傷のことで、この場合は精神面で打撃を受けた後に後遺症のようにその影響が長期間残ることになります。そして、精神的に大きな影響を与えるものとしてはいじめや虐待などが考えられますが、それによってトラウマが発生したときにはうつ病や心身症になる可能性も出てきます。さらに引きこもりになって学校や会社に行けなくなる場合や家庭内暴力を行うような場合も考えられるので、トラウマになったときは注意が必要です。なお普通のトラウマは数週間で自然に軽減することが多いようですが、その辛さが一カ月以上続き生活や仕事がしにくいような場合は病院に行った方が良いでしょう。トラウマが続くときにはストレス障害(PTSD)になっている可能性があり、そうであれば薬物療法や心理療法などで治療した方が良い場合が考えられます。このようなときに適した病院としては精神科と心療内科があり、これらに行くと生活習慣を含めたアドバイスなどを受けられる可能性が出てくるのでプラスになるでしょう。そしてこのようなところでも、トラウマの解消に役立つ方法として勧められる可能性が高いのがバタフライハグです。この場合は非常にやりやすく、なおかつ効果が確認されているようなやり方なのでバタフライハグに関しては早めに調べておくと良いでしょう。バタフライハグとは、両腕を蝶のように動かすことによりトラウマの癒しに役立つようにすることができる方法で、自分1人だけのときでも行うことができます。この場合は、両腕を胸の前で交差した上で肩の方に回し、目を閉じたまま交互に左右の肩を軽くたたくようにします。さらにこれを深呼吸しながら3分から5分ほど行うようにすることで、うつや不安などを解消する可能性が高まります。そして、バタフライハグの場合はPTSDのような強いストレスを解消することが病院でも確認されているので、担当医からも勧められたりするでしょう。このような方法を行うとストレス耐性を高めると言われるオキシトシンの分泌が増えるので、ストレス解消には効果があるはずです。また、最近は一般的にはそれほど大きな苦痛でない場合でもストレスと考えることがありますが、そのような場合でもバタフライハグは行いやすくて適していると言えます。さらにそれほど強いストレスでないときでもそれが続く場合には、うつ病などの精神的な病気の他に生活習慣病などを引き起こす可能性もあるので注意した方が良いでしょう。以上のようにバタフライハグはやりやすい上に色々な段階のストレス解消に役立つので、少しでもストレスがある場合にはこれを行うことをお勧めします。

精神病に使える運動

医者と看護師

簡単に行えるバタフライハグは精神状態を安定する効果があるため、精神病の方が利用する時も少なくないです。うつ病の方が強いショックを受けて精神が不安定になった時は、バタフライハグをするとある程度良くなる場合があります。

詳しく見る

トラウマを癒せます

男性

バタフライハグは両腕を交差させて体をたたく簡単な方法ですが、心の傷やトラウマを癒やすという効果が期待できます。そしてストレスが続くと心や生活面での辛さが生じうつ病になることもあるので、バタフライハグを使ってこれを軽減することをお勧めします。

詳しく見る

心の傷を癒やす方法

カウンセリング

遠い過去に受けた心の傷がトラウマとなって、うつ病などの不調を引き起こすケースがあります。バタフライハグとは両腕を交差させて肩を交互に叩くだけの心理療法ですが、心的外傷を癒やすのに効果的とされています。

詳しく見る

簡単にできる精神病の治療

看護師

手を使って行うバタフライハグは負担の軽い方法で、精神病の治療でも使われているやり方です。具体的な方法は専門医に相談すれば教えてくれますが、簡単なので費用はかかりづらく実際に行っている方からも人気を得ています。

詳しく見る

人気記事

カウンセリング

心の傷を癒やす方法

遠い過去に受けた心の傷がトラウマとなって、うつ病などの不調を引き起こすケースがあります。バタフライハグとは両腕を交差させて肩を交互に叩くだけの心理療法ですが、心的外傷を癒やすのに効果的とされています。

看護師

簡単にできる精神病の治療

手を使って行うバタフライハグは負担の軽い方法で、精神病の治療でも使われているやり方です。具体的な方法は専門医に相談すれば教えてくれますが、簡単なので費用はかかりづらく実際に行っている方からも人気を得ています。

Copyright© 2018 バタフライハグでストレスをなくそう【トラウマの解消に役立つ方法】 All Rights Reserved.